あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
中の人です。

新年早々 「CES 2018」が開催され、主要なメーカーから様々な発表があり胸アツな展開をみせてますよ~。

と言っても、中の人はPC関連(主にパーツ系)しかチェックしませんが(笑)

気になったのは
・intelが公式発表した「Kaby Lake G」
intelのCore HシリーズプロセッサーとAMDのRadeon RX Vega Mをワンパッケージに納めた高性能モバイルエンスー向けCPU。
モバイル版GeForce GTX 1060 (6GB) よりも高性能と謳われています。
時期NUCにも採用される予定で、SkullCanyonの後継の物が発表されました。

・AMDのCPU、APU、GPU
Zen+世代として、Ryzen2000シリーズがデスクトップCPU、デスクトップAPU、モバイルAPUが投入されると。
それに伴い既存のRyzen1000シリーズの価格改定も発表されました。
デスクトップAPUはZen+Vegaになり、上位SKUは$169、下位SKUは$99と挑戦的な価格で非常にコスパが良さそうです。
モバイルAPUはRyzen3が下位モデルとして投入され、Ryzen7、5、3とラインナップが出揃うことになります。
また、Ryzen Threadripperも2000シリーズが予定されています。

そして、GPUは
7nmでVega20と呼ばれるコアが登場します。
12nmでVegaRefreshが出る噂はあったのですが、12nmをすっ飛ばして7nmに移行って事です。
電力効率を相当高めたものになると思います。
Vega20の後ろにはNaviが控えており、2018年もAMDの進撃は続きそうです。
AMD頑張れ!打倒NVIDIA!

PCWatchの記事は以下から。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/1099905.html

さぁ、2018年もがんばっていきまっしょい。
以上。中の人でした。