金曜日担当西片です。

金曜日担当西片です。
今日はちょっとした設定のお話を。

パソコンは一定時間操作しないでいると、自動的にスリープ状態に入ります。消費電力を抑えてくれる便利なモードですが、スリープモードではWindows Updateが動かない、という問題があります。

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「電源オプション」→「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」
と進むことで、スリープに入るまでの時間を簡単に変更することが出来ます。

windows10のパソコンでは特に顕著ですが、Windows Updateの最中はパソコンが重くなりがちです。ところが、ある程度の時間電源が入っていないとWindows Updateは完了しないので、時には電源を入れたまま放置するのが解決法になる場合が多々あります。
しかしそのためには、10分や15分でスリープに入ってしまうと効果がありません。

パソコンの快適な動作のため、敢えてスリープの設定を解除する、というのはいかがでしょうか。